WANDERLUST

Wildlife. Travel

【タンザニア】セレンゲティ国立公園からカラトゥへ 木登りライオンとキリン達

セレンゲティ最終日の午後。明日はンゴロンゴロの麓の町、カラトゥを目指しながらのゲームドライブです。
f:id:fullofwanderlust:20170627220217j:image

セレンゲティ国立公園 午後のゲームドライブ

ワシが小鳥をむしっています。

f:id:fullofwanderlust:20170627205015j:image

ワニを見つけました。今度こそ大ワニ。

f:id:fullofwanderlust:20170627205049j:image
セレンゲティには所々にワニのいる川があり、その上の橋を渡る時はちょっとドキドキ。

f:id:fullofwanderlust:20170627205127j:image

カバのプールにやってきました。

f:id:fullofwanderlust:20170627205306j:image

ここはピクニックサイトになっていて、車から降りる事ができます。しばらくここで休憩。

f:id:fullofwanderlust:20170627205512j:image
今日はとても暑いので、水の中は気持ち良さそう。

f:id:fullofwanderlust:20170627205603j:image

ここにもワニがいました。岸辺で日光浴中。

f:id:fullofwanderlust:20170627205812j:image
今日のゲームドライブはこれでおしまい。
帰り道、可愛いカメが道を歩いていました。車に轢かれないように気をつけてね。

f:id:fullofwanderlust:20170627205735j:image

ロッジの周りはインパラだらけ。

f:id:fullofwanderlust:20170627205750j:image

帰ってきました。

f:id:fullofwanderlust:20170627194854j:image

セレンゲティ最後の夜。いつもよりゆっくりのディナータイムです。

f:id:fullofwanderlust:20170627205854j:image

夜はハイエナの笑い声がいつまでも聞こえました。

最後の最後まで魅せるセレンゲティ

いつもより少し遅めに起きた最終日の朝。

f:id:fullofwanderlust:20170627194736j:image

ホテルの人が興奮しながら、今朝ライオンが出たんだと教えてくれました。昨日と同じ時間に朝食に出かけていれば、バルコニーからライオンを見る事ができたみたい。

朝食の後はロッジをチェックアウトし、ンゴロンゴロの麓の町、カラトゥを目指しながらのドライブ。昨日とは違って、涼しくて快適です。

朝からハゲコウが集っています。何をしているのでしょうか。

f:id:fullofwanderlust:20170627210458j:image

今日もカバ。

f:id:fullofwanderlust:20170627210538j:image
怒るととても怖いけど、鳥には優しいカバ。アフリカは、鳥まで陽気な色をしています。

f:id:fullofwanderlust:20170627210605j:image

ライオンが歩いています。

f:id:fullofwanderlust:20170627211019j:image

仲間は木の上。まるでライオンのなる木です。

f:id:fullofwanderlust:20170627211115j:image
子供を見上げています。

f:id:fullofwanderlust:20170627211152j:image

f:id:fullofwanderlust:20170627211217j:image

ハイエナがやって来ました!

f:id:fullofwanderlust:20170627211251j:image
皆んなライオンに夢中ですが、イヌ派の私にはハイエナが1番可愛い。

f:id:fullofwanderlust:20170627211308j:image

こちらはトピ。角に土と草が付いています。

f:id:fullofwanderlust:20170627211337j:image

平原を歩くチーターを発見。丘の上で横になりました。今回は近いです。

f:id:fullofwanderlust:20170627211527j:image

f:id:fullofwanderlust:20170627211735j:image

少し暑そう。

f:id:fullofwanderlust:20170627211820j:image

f:id:fullofwanderlust:20170627211851j:image

f:id:fullofwanderlust:20170627211914j:image

セレンゲティは、最後の最後まで飽きさせません。

丘の上にはハーテビースト。

f:id:fullofwanderlust:20170627211958j:image
面白い場所にいます。

f:id:fullofwanderlust:20170627211940j:image

一台のサファリカーが道端に止まっています。ステップが壊れてしまったようです。後からやってきた人達も手伝って、とりあえずの補修をしました。

f:id:fullofwanderlust:20170629202340j:image

2時間走ると、ンゴロンゴロらしい景色に変わりました。

f:id:fullofwanderlust:20170627212552j:image

キリンがクレーターを見下ろしています。

f:id:fullofwanderlust:20170627212700j:image
なんだか不思議なスケール感。

f:id:fullofwanderlust:20170627212936j:image

斜面にはヌーの群れがいます。ヌーも、これが見納めでしょうか。

f:id:fullofwanderlust:20170627213118j:image

茂みからバッファローがのぞいています。

f:id:fullofwanderlust:20170627213202j:image

よく見ると子供もいました。まるで子牛です。

f:id:fullofwanderlust:20170627213309j:image

バッファローに始まりバッファローで終わるサファリでした。

虫について

ハマダラカはマラリアを媒介します。タンザニアマラリアの大半は熱帯熱マラリアだそうです。ワクチンは無く、予防薬と治療薬があります。予防薬は感染を完全に予防できるわけではありませんが、重症化を防ぎます。今回マラロンとマラニールを飲んでいましたが、副作用はありませんでした。
蚊はサバンナよりも人の住む場所に多いと聞いていましたが、時期のせいか天候のせいか、ンゴロンゴロ、ンドゥトゥ、セレンゲティだけでなくアルーシャですら蚊を見かける事はありませんでした。

ツェツェバエ

普通のハエと大きさは同じですが、見た目が少し違います。稀にローデシア・トリパノソーマを媒介します。世界で報告されているトリパノソーマ症の98%以上は、西アフリカで流行しているガンビア・トリパノソーマによるもので、タンザニアのものとは違います。トリパノソーマ症のワクチンや予防薬はなく、治療薬があります。

ローデシア・トリパノソーマの汚染地域はセレンゲティやタランギレなどの国立公園ですが、トリパノソーマ保有ツェツェバエは1%未満。人への感染例は年間100人未満。セレンゲティではものすごい数の観光客を見かけましたが、その半数はアメリカ人です。そのアメリカ人で年間1人前後の感染報告例だそう。ツェツェバエに刺されたからといってトリパノソーマに感染するのは宝くじに当たるより難しいのだと思います。まして欧米人はキャミソールに短パンにビーサンだったりするので、ちょっとびっくり。

ツェツェバエは厚手のズボンの上からでも刺してきて、痛いです。日本の虫除けスプレーは全然効きません。ツェツェバエがいる時は、動物を双眼鏡で観たりファインダーを覗くのは諦めて、じっとせずに、とにかくハエを払いながら動き続けていれば刺されないと思います。セレンゲティ内でも水辺が近いところは要注意。Tシャツにならないと汗をかきそうな気温の時も要注意。

万一タンザニアで虫に刺されて後日発熱した時には、早めに専門的な病院に行きその旨を伝えた方が良いと思います。 もしまたアフリカに行く時には念のため、マラリア予防薬と、強力なディートスプレーと、虫が出たら動物は諦める心を忘れないようにしたいと思います。

ンゴロンゴロの麓カラトゥのロッジ Kitela Lodge

アスファルトの一本道に出てきました。真っ直ぐ進み続けるとカラトゥに到着。
広場ではマーケットが開かれています。

f:id:fullofwanderlust:20170627213837j:image

f:id:fullofwanderlust:20170627213851j:image
野良犬もうろうろ。

f:id:fullofwanderlust:20170627214004j:image
マーケットを抜け、一本道から外れて林の中に入っていくと、今日のロッジに到着。

f:id:fullofwanderlust:20170627214159j:image

f:id:fullofwanderlust:20170627214319j:image

f:id:fullofwanderlust:20170627214347j:image

f:id:fullofwanderlust:20170627214428j:image

f:id:fullofwanderlust:20170627215149j:image

f:id:fullofwanderlust:20170627215210j:image

f:id:fullofwanderlust:20170627215249j:image

f:id:fullofwanderlust:20170627215654j:image

f:id:fullofwanderlust:20170627215741j:image
翌日はアルーシャでガイドに地元のレストランに連れていってもらいローカルフードを食べて、空港まで送ってもらって、お別れ。

f:id:fullofwanderlust:20170627215948j:image

初日のお迎えから最後までずっとガイド兼ドライバーをしてくれたのですが、本当にいい人でした。

タンザニアのサファリまとめ

アフリカに行って驚いたのは、ドライバーの凄さ。視力が良く、動物や地理に関する知識も豊富で、無線で連絡を取り合いすぐに動物を見つけてくれます。タンザニアは道が悪く、ガイドやドライバー無しのサファリは考えられません。

基本的にサファリガイドとロッジは別の運営ですが、フォーシーズンズのような大きなロッジでは自営でサファリを行なっているようです。

アフリカに行くと決めてから、どこに行くか散々悩みましたが、タンザニアにして良かったです。

遠いのとお金がかかるのが難点ですが、またいつかアフリカに来る事が出来たらいいなと思います。

f:id:fullofwanderlust:20170629203417j:image

広告を非表示にする