読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WANDERLUST

Wildlife. Travel

【タンザニア旅行記】(1)アフリカでサファリ ヌーの大移動と計画&準備編

 広大なサバンナに沈む真っ赤な夕陽や、ドラマチックな瞬間が観たくて、アフリカに行く事にしました。

f:id:fullofwanderlust:20170507150943j:image

アフリカ大陸は相当広く、面白そうな国がたくさんあります。

まずは南アフリカ共和国。アフリカの中では先進的なので不自由なく過ごせそうです。サファリだけでなく海もダイナミックで、サーフィンやダイビングのメッカになっています。ワインは美味しいし、野生のペンギンのいるビーチがあるし、かなり良さそう。

f:id:fullofwanderlust:20170507152537j:image
それからアフリカの中では比較的治安の良いボツワナナミビアなど南部アフリカ。ボツワナのオカバンゴデルタという湿地帯や、チョベ国立公園でのボートサファリが面白そうです。ナミビアにはエトーシャ国立公園や、真っ赤な砂漠ナミブ砂漠があり、なかなか魅力的です。

f:id:fullofwanderlust:20170510180424j:image

ケニアタンザニア ヌーの大移動

思い描くサバンナがあるのは、ケニアタンザニアなどの東部アフリカ。ビッグ5など大物との遭遇率も他に比べて高そうです。ボルダーズビーチやナミブ砂漠も相当魅力的ですが、今回は東部アフリカでサファリに行く事に決めました。

f:id:fullofwanderlust:20170507151036j:image

ケニアといえばマサイマラ国立公園。タンザニアといえばセレンゲティ国立公園。この2つの国立公園は繋がっていて、ヌーの大群が雨を追いかけて季節ごとに行ったり来たりしています。

f:id:fullofwanderlust:20170507151249j:image
春先、ヌーは緑豊かなセレンゲティ南部で子供を産みます。その後徐々に北上し、子供がある程度大きく強くなった夏、タンザニアケニアの国境付近にあるマラ川を渡ります。先頭のヌーが川に飛び込むと、それに続き次々とヌーが川に飛び込んでいきます。中にはワニに襲われるヌーや溺れて死んでしまうヌーがいて、川岸は死骸で埋め尽くされます。マラ川を無事越える事の出来たヌーは、しばらくマサイマラで過ごした後、秋の終わり頃に再び南下しセレンゲティに戻って来ます。

f:id:fullofwanderlust:20170507151420j:image
このヌーの群れと共に大移動するのはシマウマやガゼル。

f:id:fullofwanderlust:20170507151204j:image

ヌーとシマウマやガゼルは共に行動し、群れの数を増やす事で、少しでも早く危険を察知し、また少しでも自分が襲われる確率を減らそうとしています。
この大移動に続くのは、ハゲワシやハイエナ。ついて行けずに脱落したヌー達を狙っています。

f:id:fullofwanderlust:20170507151609j:image
ヌーの大移動こそ2つの国立公園が人気であり続ける理由であり、動物の動きに合わせて観光プランを立てられるかどうかがサファリの充実度にかかっていると思われます。

アフリカでサファリ 計画

1.旅行先

タンザニアよりケニアでサファリの方が安く済み、オフロードに対しても緩いようです。

f:id:fullofwanderlust:20170507152612j:image

でも治安の悪そうなナイロビに行きたくない事、タンザニアのほうが自然が豊かそうな事、敷地の広大さからも世界的な王道はセレンゲティなんじゃないかと思い、タンザニアに決めました。

f:id:fullofwanderlust:20170507151719j:image

2.時期

2月か3月ならヌーの赤ちゃんを観れるかもしれません。その時期は肉食獣も子供を産むため、もしかするとライオンの赤ちゃんとか見れちゃうかもしれません。

f:id:fullofwanderlust:20170507151703j:image

夏の川渡りも観たいですが、2度目に取っておきます。

3.空港

セレンゲティへ行く旅行者の多くは、キリマンジャロ空港、ダルエスサラーム空港、お隣ケニアのナイロビ空港を利用します。この中で1番利便性が良いのがキリマンジャロ空港。ダルエスサラームやナイロビの方がたくさんの航空会社が乗り入れしていますが、少しでも移動負担を減らすため、キリマンジャロ空港を使いたいです。

f:id:fullofwanderlust:20170510192443j:image

4.航空会社

日本からキリマンジャロ空港へ1度の乗り継ぎで行く事の出来る便を出している航空会社はカタール航空、KLM、エチオピア航空。KLMは値段が高く、オランダ経由になるため遠回りになってしまいます。エチオピア航空はとにかく安いですが、私の中では飛行時間が短く評判も良いカタール航空の一択です。

f:id:fullofwanderlust:20170507151746j:image

5.サファリとホテル

1番安く済むのは現地の旅行会社を訪ねてサファリカーとコックを手配し、キャンプサイトで寝泊まりしながらゲーム・ドライブする事のようです。ただし悪徳サファリ会社も多いらしいし、理想を言えばフォーシーズンズに泊まりたい。

フォーシーズンズ・ロッジ・セレンゲティは憧れです。ロッジのインフィニティプールからは広大なセレンゲティを見渡す事ができ、目の前はゾウ水飲み場です。運が良ければプールからゾウの群れが水浴びをする姿が観れるかもしれません。

f:id:fullofwanderlust:20170507151915j:image

フォーシーズンズはセレンゲティの中央部にあります。自社のサファリカーを持っていて、自社でサファリも行っているようです。ただ3月は、ヌーの群れはまだセレンゲティ南部にいるはず。つまり、もし3月にフォーシーズンズに泊まると、ヌーの大群は見れないという事でしょうか。

f:id:fullofwanderlust:20170510175623j:image

フォーシーズンズの公式HPによると、3月は1番安い部屋でも1泊10万円でした。

6.ザンジバル島

アフリカ、実は海が相当綺麗です。タンザニアでビーチリゾートとして1番栄えているのはザンジバル島。海の透明度は素晴らしく、ダイビングのメッカでもあり、イルカと泳ぐ事もできるらしいです。気になります!

f:id:fullofwanderlust:20170507151930j:image

アフリカでのサファリ 準備

夏、カタール航空からセールのお知らせが来ました。 数ヶ月前は60万円前後だったキリマンジャロビジネスクラス往復がセールで30万円になっています。

f:id:fullofwanderlust:20170507152307j:image

30万円は安くないですが、アフリカまでの航空券は、エコノミーですら通常20万円弱です。片道24時間のフライトなので、悪くないと思い取りました。
こうなったらもう後に引けません。日本人のいる現地の旅行会社 MINNANO SAFARI にメールして、ツアーを作ってもらいました。

旅行会社によると、春先ヌーとシマウマの群れはセレンゲティの更に南、ンゴロンゴロ北部にあたる Ndutu (ンドゥトゥ)で出産するそうです。

f:id:fullofwanderlust:20170507152316j:image

ただしここ数年、ヌーの移動ペースが早く、3月には既にセレンゲティ中央部に戻って来ている可能性が高いそうです。結局ンドゥトゥ1泊、セレンゲティ中央部に2泊、それからンゴロンゴロ1泊で予約してもらいました。ホテルは清潔で綺麗なところを選んでもらいました。

【旅行先】タンザニア
【時期】2017年3月上旬
【人数】2
【一人あたり費用】
   50万円以上(国際線航空券+ツアー)
【航空会社】カタール航空

f:id:fullofwanderlust:20170507152327j:image

ビジネスクラスを取ったかわりにフォーシーズンズは諦め、サファリを充実させるためにザンジバル島は諦めました。

黄熱の予防接種

大使館のHPにあるとおり、黄熱病リスクの無い国から直接入国する場合、イエローカードは必要ありません。また、外務省のHPにあるとおり、タンザニアは黄熱の流行地域ではありません。よって、ドーハで乗り継ぐ場合、イエローカードは必要ありません。ナイロビ経由などや、バンコク経由の場合も必要らしいです。

f:id:fullofwanderlust:20170510192428j:image
ただし、調べてみると、ドーハ経由にもかかわらずイエローカードを要求されたというケースを度々見かけました。賄賂目的で、お金を払えば通してくれるそうです。この先黄熱の予防接種が必要な国に行くかもしれないし、最近黄熱の予防接種は、一度打てば生涯有効扱いになったし、いっそ打ってしまおうかとも思ったんですが、結局打たずに行く事にしました。任意の腸チフス、A型肝炎と、旅行に行けなくならないようにインフルエンザワクチンを打ち、現地でマラリア予防薬を購入する事にしました。

f:id:fullofwanderlust:20170507151647j:image

事前にビザを取得

タンザニア大使館は用賀の閑静な住宅地の中にあるのですが、駅からは徒歩で片道20分と結構かかります。

f:id:fullofwanderlust:20170507152521j:image
大使館の休みは、基本的には日本の祝日とタンザニアの祝日です。他にも月の観測状況によって日付が決まる祝日やクリスマス休暇があり、そういった変則的な休みは公式HPのトップページのwhat's newに掲載されてきました。

これで航空券、現地ツアーとホテル、ビザの手配と予防接種が完了。初のアフリカ、楽しみです!

f:id:fullofwanderlust:20170507152815j:image

広告を非表示にする