WANDERLUST

Wildlife. Travel

【ガラパゴス旅行記2】(2)2度目のサンタ・クルス島とトルトゥーガ・ベイ

ガラパゴス旅行4日目、ガラパゴス諸島サンタ・クルス島を観光します。

f:id:fullofwanderlust:20170417211306j:image

【時期】2016年4月
【旅行先】エクアドル(キト/ガラパゴス

 朝6時30分、旅行会社のスタッフに迎えに来てもらい空港に向かいました。

空港で国内線のチケットを受け取り、スタッフとはお別れ。
Aviancaのキャビンクルーでしょうか。

f:id:fullofwanderlust:20170417211324j:image

真っ赤なスーツがカッコいい。

今回乗るのはTAME航空。

f:id:fullofwanderlust:20170423124722j:image

飛行機は朝9時にキトを離陸後、一度グアヤキルに降り立ち、再度離陸してガラパゴス諸島の島のひとつ、バルトラ島の空港まで飛びます。

f:id:fullofwanderlust:20170417211410j:image

到着。空港に生えてる植物がガラパゴスっぽくて雰囲気あります。

f:id:fullofwanderlust:20170417211428j:image

入島料100ドルを払い、パスポートにゾウガメとハンマーヘッドのスタンプを押してもらって、荷物を受け取り到着ロビーに出ると、たくさんのガイド達が観光客を出迎えています。私達も自分達のガイドを見つけてバスに乗り、港に向かいました。

f:id:fullofwanderlust:20170417212401j:image

バスの往復券は20ドルでした。

f:id:fullofwanderlust:20170417212415j:image

火孔とゾウガメと住む農場へ サンタ・クルス島観光

バルトラ島の港からガイドと一緒に船に乗り、向かいのサンタ・クルス島に渡りました。サンタ・クルス島の港からは車でプエルト・アヨラという町に向かいます。
途中、前回も訪れた火孔に寄りました。

f:id:fullofwanderlust:20170417211517j:image

ガラパゴス諸島は火山活動により生まれた島々です。その中でもサンタ・クルス島は成熟しきった島なので、火山活動は完全に終了し、火孔は緑で埋め尽くされています。

f:id:fullofwanderlust:20170417211529j:image

続いて野生のゾウガメがやってくるゾウガメ保護区、Reserva El Chato にやって来ました。

f:id:fullofwanderlust:20170417211546j:image

林の中を、ゾウガメが自由に行き来している場所です。

f:id:fullofwanderlust:20170417211600j:image

f:id:fullofwanderlust:20170417211641j:image

巨大です。戦車みたい。

ゾウガメは、昔はどこにでもいたらしいのですが、食用として大量に捕まったり、人間の持ち込んだヤギに食べ物を奪われてしまい、今ではこういう場所以外で野生のゾウガメを観光客が見ることはほとんどできません。既に絶滅した種もあり、ピンタ島の最後の一頭、ロンサム・ジョージも5年前に亡くなってしまいました。 f:id:fullofwanderlust:20170417211731j:image

f:id:fullofwanderlust:20170417211759j:image

寝てると寝息も聞こえます。

f:id:fullofwanderlust:20170417211817j:image

綺麗な鳥もいました。

f:id:fullofwanderlust:20170417211906j:image

f:id:fullofwanderlust:20170417211923j:image

レストランにはダーウィン・フィンチがいました。スズメみたい。

f:id:fullofwanderlust:20170417212000j:image

 ここには溶岩で出来たトンネルもあり、歩いて中を通る事ができました。

プエルト・アヨラの町にあるホテルに到着

今日から1泊するHotel Silberstein です。

f:id:fullofwanderlust:20170417212123j:image

f:id:fullofwanderlust:20170417212131j:image
ホテルのレストランでランチにしました。

f:id:fullofwanderlust:20170417212148j:image

f:id:fullofwanderlust:20170417212207j:image

カジキかマグロの乗ったサラダ。

f:id:fullofwanderlust:20170417212225j:image

イモとエビとイカの何か。シーフード尽くしで嬉しいです。

f:id:fullofwanderlust:20170417212258j:image
そして前回エクアドルで食べてはまったエビのセビーチェ。メキシコのセビーチェとは違い、冷製スープです。

f:id:fullofwanderlust:20170417212525j:image

ここにもフィンチ。水を飲んでいます。

f:id:fullofwanderlust:20170417221230j:image

ホテルからトルトゥーガ・ベイ・ビーチへ

ランチを終えると既に午後3時過ぎ。ここからは自由行動です。午後は延々と続く美しいビーチ、トルトゥーガ・ベイに行くことにしていましたが、時間的に結構厳しいかも。

ホテルからビーチまでは1時間弱かかります。少しでも時間を短縮するために、ホテルの人にタクシーを呼んでもらい、遊歩道の入り口までタクシーで行きました。
入口に着いたら、事務所兼売店みたいな小屋で名前と時間を書いて出発です。この時既に4時。5時までには再びここに戻ってこないと門が閉められてしまいます。

ビーチまでは片道30〜40分。走れるような道ではないのでとにかく全力で早歩きします。すっごい疲れましたが、ここまで来た以上途中で諦める訳にはいきません。

本当に必死で歩いたら、20分で着きました。トルトゥーガベイビーチ!

f:id:fullofwanderlust:20170417212512j:image

イグアナがどこにもいません!前回来た時はビーチにたくさんイグアナがいたのに。

イグアナがいなくても充分素晴らしいビーチなのですが、やっぱりガラパゴスにはイグアナがいて欲しいです。

たしかビーチの1番奥にはマングローブがあって、前回はその下がイグアナの溜まり場になっていたはずです。せっかくなので奥まで歩いてみました。

f:id:fullofwanderlust:20170417212602j:image
この時点で既に4時20分過ぎ。あと10分以内にここを出ないと間に合いません。このトルトゥーガベイ、1番端まで行くのには徒歩5分くらいかかりますがひたすら歩き、4時30分、やっとマングローブに到着です。

f:id:fullofwanderlust:20170417212648j:image
イグアナいる!良かった!

f:id:fullofwanderlust:20170417212711j:image
せっかくなので海に入ろうとしたら、ビーチを管理しているナチュラリストに時間切れと言われてしまいました。まぁ、そうですよね。
ナチュラリストがビーチにいる人たちを追い立てながら、徐々に入口に誘導していきます。

f:id:fullofwanderlust:20170417212725j:image

再び長い遊歩道を歩いて、最初の入口まで戻りました。

今日のディナーはホテルでクレープ

町に戻り、町中でお土産をたくさん買ってホテルに戻ってくると、ホテルのレストランでクレープを焼いています。良い匂いがして、なかなか美味しそうだったので、夕食はホテルのクレープにしました。

f:id:fullofwanderlust:20170417212736j:image
中は熱々の生クリームにカレーを溶いたようなソースとマッシュルームで、とても美味しかったです。

f:id:fullofwanderlust:20170423124743j:image

今日は水着に着替えたのに海に入れず、少し不完全燃焼ですが、とりあえずビーチに行けただけ良かったです。それよりもどうしてビーチにイグアナがいないんでしょうか。打ち上げられた大量の藻も良い感じがしません。時間帯のせいか季節のせいか、それともエルニーニョなのか、今後が少し心配ですが、明日からはイサベラ島です。

f:id:fullofwanderlust:20170417221148j:image

広告を非表示にする