読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WANDERLUST

Wildlife. Travel

【ドバイ旅行記2】(4)アトランティス・ザ・パームの水族館でダイビング!ロストチェンバー水族館

 ドバイ旅行3日目、今日はアトランティス・ザ・パームの水族館でダイビングです。 

f:id:fullofwanderlust:20170406214216j:plain

 水族館に行って巨大水槽を見ていると、この中に入って泳げだら楽しそうだなぁといつも思っていました。そこで今回、ドバイの水族館、アトランティス・ザ・パームのロスト・チェンバー水族館で泳いでみる事にしました。

【期間】2016/2/11~2/15

【旅行先】ドバイ

滞在していたのはマディナ・ジュメイラという巨大リゾートの中のミナ・ア・サラム。午前中にスーツケースだけ預けてホテルをチェックアウトしました。

パーム・ジュメイラの先端、アトランティス・ザ・パームへ 

f:id:fullofwanderlust:20170406214031j:plain

アトランティスまでは色々と行き方がありそうですが、行きはタクシーとモノレールで行く事にしました。

f:id:fullofwanderlust:20170405203456j:plain

まずはタクシーでパーム・モノレールの始発駅、Palm Gateway(パーム ゲートウェイ)駅まで行きます。そこから終点 Atlantis Adventure (アトランティス リゾート)駅まで直通です。現在モノレールが止まるのはこのゲートウェイ駅とアトランティス・リゾート駅の2駅のみ。将来的には駅を増やし、ラインを伸ばし、メトロからの乗り換えも出来るようにする予定らしいです。

バスにもメトロにも使えるnolカードは、モノレールでは使えないので片道チケットを買います。

クレジットカードはダメ、と言われたので100Dh出したら、今お釣りが無いからダメ、と言われてしまいました。そう言われても、さっきのタクシーで細かいお金は全部使っちゃいましたよ。モノレールでクレジットカードが使えると思い込んでました。でも100Dhのお釣りが無いなんて想定外すぎるし、どう見ても周りにATM無いし、ここからATM行くためにまたタクシー乗るなんて馬鹿馬鹿しすぎ。でもこのままアトランティス行かないでダイビングしないのはもっと馬鹿馬鹿しいです。

とか悩んでたら、奥から別の駅員がやってきて、事情を理解すると自分の財布からお札出して両替してくれてあっさり解決しました。本当にありがたい!

1番先頭車両は景色が良いので大人気です。先頭車両の1番前の席からの眺めがベストだと思います。

f:id:fullofwanderlust:20170405203530j:plain

超高級住宅地、パーム・ジュメイラの街並みが見えます。

そして見えました!アトランティス・ザ・パーム! 

f:id:fullofwanderlust:20170405203956j:plain

アトランティスのアドベンチャー・ウォーターパークも見えます!

f:id:fullofwanderlust:20170405203719j:plain

アトランティスの水族館 ロスト・チェンバー

駅から道なりに歩いて行けば迷う事なく到着です。着いたのはホテルのロビーではなく、モールや水族館のある、宿泊者以外の人も自由に出入り出来るエリアでした。

f:id:fullofwanderlust:20170406214319j:plain

真っ先に水族館の入り口に行って、入り口のスタッフにダイビング予約完了メールのコピーを見せると、少し待っててと言われました。しばらくして戻って来ると、「あなたの予約が確認できないんだけど、問題ないわ!集合時間になったらまたここに戻ってきてね!」と素敵な笑顔で結構怖い事言われました。

公式HPから予約したし、クレジットカードにはアトランティスからの請求が1人あたり約2.7万円来たし、予約完了メール&それ以降アトランティスからの宣伝メールもずっと来ていたので予約した事はまぁ間違いないと思うんですけど、お姉さんも問題ないって言ってるんだから、最初のひと言には触れないでおきました。予約メールを印刷してきて良かったです。

 水族館の外からでも見れる巨大水槽のエリアへ行こうとしたら、宿泊者以外立ち入り禁止と言われてしまいました。

ダイビングまでまだ時間があるので、普通に水族館に入る事にしました。1人あたり約3000円でした。

f:id:fullofwanderlust:20170406214533j:plain

f:id:fullofwanderlust:20170422222930j:image

一般的な水族館とは違って学術的な魚の説明は一切ありません。

f:id:fullofwanderlust:20170406214738j:plain

f:id:fullofwanderlust:20170422222944j:image

海底に沈んだ古代帝国アトランティスをイメージしたテーマパーク的な造りで面白いです。

f:id:fullofwanderlust:20170406214445j:plain

広くはないですが、水槽ごとにデザインが凝っていて飽きません。

f:id:fullofwanderlust:20170406214924j:plain

前回行ったドバイモールの中の水族館Underwater Zooより好きです。

f:id:fullofwanderlust:20170406215028j:plain

水族館の出口にあるお土産屋さんを出る前に、水族館に再入場するかスタッフに聞かれたので、再入場すると答えておきました。スタンプを押されたのか何だったのか忘れましたが、再入場できるようにしてくれました。

お土産屋さんを出ると、さっき宿泊者以外は入場禁止と言われた場所に出てきました。なんだ、水族館に入ればこっち側に来れるんですね。

通りを真っ直ぐ行くと、水族館で見た巨大水槽を水族館の外側から眺める事が出来る場所に出ます。

f:id:fullofwanderlust:20170406215148j:plain

体験ダイビングをしている人たちがいました。

f:id:fullofwanderlust:20170406215128j:plain

このエリアから階段を上がるとホテルのロビーに繋がっている様でしたが、宿泊者以外が階段を上がらないようにセキュリティの人が立ってました。

上から水槽を見ている人達は宿泊者でしょうか。

f:id:fullofwanderlust:20170406215223j:plain

天井も豪華です。

f:id:fullofwanderlust:20170406215621j:plain

再びモールのエリアに戻って、コールドストーンに行きました。1番小さいサイズのチョコ付きワッフルコーンが1000円もして、日本より高いです。

 その後は集合時間まで水族館に再入場して時間潰しました。

f:id:fullofwanderlust:20170406215747j:plain

f:id:fullofwanderlust:20170422223016j:image

f:id:fullofwanderlust:20170406220021j:plain

 水族館の巨大水槽でダイビング

 再び水族館の入り口前に戻ると、先ほどのスタッフのお姉さんがいました。このダイビング、定員は6名ですが今回の参加者は私達の他にイタリア人が1人。あと1人予約が入っていたらしいのですが、いつまでたっても現れないのでこのメンバーで出発しました。水族館の中へは入らず、裏口へ行きエレベーターで屋上に上がります。屋上には更衣室とトイレがあり、そこで着替えました。

まずは書類にCカードの情報を記入し健康状態やリスク説明を読みチェックしていきます。全て英語ですが、内容としてはダイビング前にいつも確認するやつです。

未成年は親の承認が必要という事で、イタリア人は急遽サインを貰いに行ってました。ビーチで寛ぐ家族と別れて子供1人でダイビングに参加するって、バカンスの国の人は子供の頃から遊び方が違いますね。

その後3人でガイドからブリーフィングを受けました。勝手に泳がず必ずついて来る事、魚や生き物を触らない事、水族館にいる魚やサメの種類などなど。

水中カメラは持ち込みOKか聞いてみたところ、持ち込みOKでした!嬉しい!

機材は全てセッティング済みで背負うだけ、ウェイトは水中の浅いところできちんとチェックしてくれました。

ガイド達が明るくて親切でニコニコしてて、東南アジアを思い出します。ドバイでは色々な国の人が働いていて、人口の8割以上が外国人らしいので、本当に東南アジア人なんだと思います。

潜ると、もの凄い魚影

f:id:fullofwanderlust:20170422230043j:image

f:id:fullofwanderlust:20170406220213j:plain

その上、天然の海ではちょっとあり得ないような過密感です。

面白いのは中からお客さんを眺められる事!

f:id:fullofwanderlust:20170406220342j:plain

飛んでる気分!

f:id:fullofwanderlust:20170422230108j:image

ガイドとは別にカメラマンも潜っていて、私のよりずっと良いカメラでたくさん写真を撮ってくれていました。

f:id:fullofwanderlust:20170406220426j:plain

f:id:fullofwanderlust:20170422230423j:image

水深は最大でも10m。

f:id:fullofwanderlust:20170422230129j:image

f:id:fullofwanderlust:20170422230221j:image

流れも無く、めちゃくちゃ楽です。

f:id:fullofwanderlust:20170422230313j:image

f:id:fullofwanderlust:20170422230327j:image

f:id:fullofwanderlust:20170422230142j:image

エアがなかなか減らないので、1ダイブとはいえかなり長く潜ってられました。

f:id:fullofwanderlust:20170406220458j:plain

f:id:fullofwanderlust:20170422230347j:image

f:id:fullofwanderlust:20170406220542j:plain

これは楽だし楽しいなぁって思ってたんですけど、残り2人は寒すぎて辛かったって言ってました。私はむしろ暖かく感じたんですけどね。

f:id:fullofwanderlust:20170406220650j:plain

f:id:fullofwanderlust:20170422230205j:image

f:id:fullofwanderlust:20170422230404j:image

カメラマンがたくさん撮ってくれた写真の中から気に入ったものを選んで買う事も出来ますが、反映するのに少し時間がかかると言われ間に合わず、アトランティス・ザ・パームを後にしました。 

アトランティスからマディナ・ジュメイラへ

預けたスーツケースを取りに、一度ホテルに戻ります。行きはタクシー+モノレールでしたが、帰りはタクシーでホテルに直行します。

アトランティス・ザ・パームのタクシー乗り場に行って、並んでるタクシーに乗ろうとしたのですが、マディナ・ジュメイラには行けないと言われてなかなか乗せてくれません。前回のドバイでもそうでしたが、目的地か時間帯か混雑具合かそれとも私か、何が原因かはよくわかりませんが、軒並み乗車拒否される時があります。

やっとマディナ・ジュメイラに行ってもいいというタクシーを見つけて乗り込みました。ホテルの名前Mina A' Salamを告げても反応がイマイチだったので、マディナ・ジュメイラの中のホテルだと伝えました。

途中、マリーナ地区が見えます。ビーチと高層ビル、不思議な景色。

f:id:fullofwanderlust:20170409172712j:plain

マディナ・ジュメイラからダウンタウン・ドバイへ

着いたのは、スーク・マディナ・ジュメイラの入り口でした。チェックアウト前ならここで降りてスークの中の通路を通ってホテルに行く事も可能ですが、既にルームキーを返してしまったので、セキュリティが通してくれないと面倒な事になります。

だからといってスークの中を通らずにホテルまで歩いて帰るのはちょっと無理があります。車ならほんの数分ですが、歩道のない巨大な道路なので、とても歩いて行ける感じではありません。

私が頼んだのはスークじゃなくてホテルだと説明しても、ここはマディナ・ジュメイラで間違いない、と運転手は乗り気ではありません。ここで降ろされても困るので、ホテルに行ってくれと粘ると、渋々スークのスタッフにミナ・ア・サラムの入り口の場所を聞いてくれました。

ミナ・ア・サラムも、スーク以外のエリアは予約客や宿泊者以外は入れません。ホテルのゲートでセキュリティスタッフに部屋番号を聞かれたので、もうチェックアウトしたけど預けたスーツケース取りに来た、と説明するのも面倒くさくて元々の部屋番号を告げたら、あっさり通してくれました。

スークの入り口からホテルまでは数分で到着。メーターはスークを出た時とほとんど変わっていないにもかかわらず、運転手が急に1.5倍くらいの金額を請求してきました。それ違くない?と言っても引きません。初日に乗ったタクシー運転手に、ドバイのタクシーはメーターをきちんと守らなきゃいけないんだ!とめちゃくちゃ熱く語られたというか怒られたのを思い出すと、納得いきません。あなたはメーターを守らなきゃいけないんでしょ!と、初日のタクシー運転手に言われたことをそのまま言い返してしまいました。治安によっては素直に払ったと思いますが、ここはドバイの高級ホテルの真ん前。ホテルのスタッフがやって来て、運転手は結局メーター通りの金額を受け取りました。初めから感じ良かったら、チップとして多めに払ってたかもしれないのに。

ホテルでスーツケースを受け取ったら再びタクシーに乗り、マディナ・ジュメイラの最寄駅モール・オブ・ジ・エミレーツ駅から次のホテルの最寄駅であるドバイモール駅までメトロで行きます。

今日から一泊するのはホテル Sofitel Dubai Downtown (ソフィテル ドバイ ダウンタウン)。ドバイモール駅からホテルまでは徒歩数分です。ホテルに着いたのは夜9時でした。チェックインしたら無料でアップグレードしてくれました。ラッキー!

広告を非表示にする