読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WANDERLUST

Wildlife. Travel

【ドバイ】(8)面白すぎるドバイのウォーターパークWild Wadiと噴水ショー

ドバイ・アブダビ

 ドバイ旅行6日目、最終日です。夜中の便でそのまま日本に帰ります。

f:id:fullofwanderlust:20170323215301j:plain

【期間】2014/12/28~2015/1/3

【旅行先】UAEアブダビ/ドバイ

今日向かう Jumeirah Beach Hotel (ジュメイラ ビーチ ホテル)は、昨日朝食を食べに行ったブルジュ・アル・アラブのすぐ隣。

ジュメイラ・ビーチホテルには、ワイルド・ワディというウォーターパークがあります。このウォーターパーク、本当は入場料が8000円くらいしますが、ドバイにあるジュメイラ系列のホテルに泊まれば、無料で遊べる!私達の泊まったエミレーツタワーズもジュメイラ系列。ここに来る前からの私の疑問は、チェックアウト後に行っても入場料無料になるのか?という事。

結論から言うと、チェックアウト後でも無料で入れました。というのは、チェックアウトする前であれば、エミレーツタワーズのチェックインカウンターの向かいで、入場料一回無料券を発券してもらう事が出来ます。そのチケットがあれば、チェックアウト後でもなんでも、ワイルド・ワディの入場が無料になるという事。

 今日は帰る日なので、無料券を発券してからチェックアウトし、ホテルにスーツケースを預けてワイルド・ワディに遊びに行きます。エミレーツタワーズからワイルド・ワディまでは無料の巡回バスを使って行く事もでき、無料券を貰ったカウンターでバスの時刻表も頂いたのですが、時間が合わないのでタクシーで向かいました。

ウォーターパーク Wild Wadi (ワイルド ワディ)へ

ジュメイラ・ビーチ・ホテルが見えてきた。

f:id:fullofwanderlust:20170323215329j:plain

ブルジュ・ハリファが海に浮かぶ船の帆なら、隣のこちらは海の波の形かな。

入場料は無料ですが、ロッカーレンタル料とバスタオルレンタル料は有料。更衣室とシャワーは無料です。入り口で文字盤のない腕時計みたいな物を渡され、中のカウンターでそれにお金をチャージ。ロッカーやタオル代、中での食事代は腕時計もどきをかざして払えます。遊んでる時は腕時計みたいにしておけばオッケー。この日は中にカメラを持って行かなかったので、2度目に行った時の写真を載せときます。

 1番人気はウォータースライダー。

f:id:fullofwanderlust:20170323215351j:plain

これすっごい面白い!! 乗るまで30分くらい並びました。これが1番待ったかな。滑り落ちるだけじゃなくて、ベルトコンベアと水圧で、滑り上がったり、急に真っ暗になったり、景色がめちゃくちゃ良いし、とにかく面白い!!短いコースと長いコースがあって、長いコースの方が面白い。

f:id:fullofwanderlust:20170323215413j:plain

人が全然並んでないアトラクションがあったので、とりあえず行ってみる。係の人に、面白い?って聞くと、ニヤッと笑って面白い!と言うではないですか。そう言うならやってみましょう。

立ち姿勢のままカプセルみたいなやつに入れられて、カウントダウンが始まりました。あぁ、やっちゃいましたねこれ。下が開くやつじゃん。

めっちゃ怖かった。すんごい勢いで真下に落ちる恐怖+すんごい勢いで鼻に水入ってめっちゃ痛い。

他にも日本にはなさそうなタイプの面白いアトラクションをこなして、最後は定番すぎる波のプール。

f:id:fullofwanderlust:20170323215432j:plain

だんだん体が冷えてきたよ。温水じゃないしね。ドバイの1月、プールに入るにはギリギリアウトな感じの気温でした。

 最後に友人がボディボードに挑戦。 常連みたいなめちゃくちゃ上手い人もいる中、友人の雄姿を見守りました。

f:id:fullofwanderlust:20170323215456j:plain

この写真は友人じゃなくて知らない人

タクシーで再びドバイモールへ

プールの水が冷たかったのと、あんまり並ばずに遊べたので、結構早く出てきちゃって、予定より早く着きました。お次はドバイモールの水族館 Underwater Zooの中へ。

f:id:fullofwanderlust:20170226212941j:plain

ダイバーがいるー!!

この水族館、一番の目玉の巨大水槽は、水族館に入らなくてもドバイモールに行けば見れますが、せっかくなので中に入って、バックヤードツアーにも参加。水族館自体は日本の水族館に比べて少し小さいかな。完全室内だしね。でもドバイらしくて小綺麗です。砂漠の夜っぽい演出の部屋に爬虫類がいたり、ペンギンやワニもいました。

f:id:fullofwanderlust:20170323215518j:plain

ゴミ箱まで可愛い。

バックヤードツアーでは、グラスボトムボートに乗って、巨大水槽を上からのぞきました。

f:id:fullofwanderlust:20170226213043j:plain

本当はこの巨大水槽の中でダイビングをすることもできます。ボートから下に広がる景色に、あー!!私ここで泳ぎたいー!!って心の中で絶叫。

 噴水ショーを特等席で!

水族館を出て最後の買物をしていたら、結構いい時間。そろそろ噴水ショーを見るために、隣のモール Souk Al Bahar(スーク アル バハール)へ行かなくては!私達、このモールの中にあるタイ料理店Mango Tree(マンゴ ツリー)を事前に予約済み。タイ料理を食べながら噴水ショーを見る作戦です。今はもうこのレストラン、閉店してしまった模様。マンゴツリー自体は日本にもある世界的なチェーン店です。

ところがこのレストランの場所、全然わからない。ドバイにあるモールは、日本のショッピングセンターと違って紙媒体のフロアガイドが置いてない!入口にインフォメーションセンターが無い!このままじゃ予約に間に合わない!店員ぽい人に尋ねるも、わからないと言われてしまう…するとその様子を見ていた人が突然話しかけてきて、お店まで連れてってくれました。助かった。ありがとう。

f:id:fullofwanderlust:20170323215538j:plain

予約時に噴水の見えるテラス席をお願いしておいてよかった!噴水が始まると皆テラスに出てきて見てましたが、私達は自分の席から見る事が出来ました!

f:id:fullofwanderlust:20170323215559j:plain

大迫力!フィナーレは100m以上も噴水が吹き上がります!

f:id:fullofwanderlust:20170323215617j:plain

爆音。レストランには2時間くらい居ましたが、30分毎に行われるショーの曲が毎回違う。でも8:30は再びマイケル・ジャクソンのスリラー。これはお決まりなのかな?

ブルジュ・ハリファもよく見える。HAPPY NEW YEAR 2015ってなったよ。

f:id:fullofwanderlust:20170323215642j:plain

f:id:fullofwanderlust:20170323215700j:plain

2020年EXPOバージョンも。

f:id:fullofwanderlust:20170323215712j:plain

食事の後は、ホテルに戻り預けたスーツケースを拾って空港へ。深夜01:15分発の中国国際航空、北京経由で羽田に帰ります。行きの北京で地獄のトランジットを経験した私達。帰りの乗継時間は4時間だけど、大丈夫?

北京に行ってみると、行きはなんだったんだろうというくらいあっさり通過。行きと同じく一旦パスポートを見せ、スタンプを押され、手荷物検査を受けました。

1月3日21時30分、羽田に到着。空港で夕食をした後、友人とは解散。お疲れ様。

観光に使える日が5日間じゃ全然足りないよ!

 ドバイについては、高いビルがあって買い物するだけ、特に見るものもやる事もない、という書き込みをよく見かけますが、自分達でよくよく調べてみると、見るとこもやる事もたくさんあり過ぎ!予定を詰め過ぎて、毎日が合宿みたいだったけど、物凄く充実しました。

それでも砂漠にも、パームジュメイラにも、JBRにも行けなかった。水槽ダイビングもやりたかった!治安もヨーロッパより全然良いし、個人手配しやすい国でした。日本に帰ってからYoutubeでドバイの花火の様子を見ました。ブルジュ・ハリファを使った映像の演出もあった様ですね、遠くて見れなかったけど。もし次どっかの国で新年の花火を見るなら、ホテルの予約には全力で挑もうと思います。とか色々反省もありましたが、それ以上にとにかく面白い旅行になりました。次回はタヒチです。

f:id:fullofwanderlust:20170323215748j:plain

 

広告を非表示にする