WANDERLUST

Wildlife. Travel

【ガラパゴス旅行記】(3) ヘノベサ島のダーウィン・ベイとペンギンと泳げるバルトロメ島

ガラパゴス旅行4日目、ガラパゴスクルーズ2日目です。今日は1日 Genovesa (ヘノベサ)島で過ごします。

f:id:fullofwanderlust:20170219203037j:plain

【時期】2014年2月上旬

【旅行先】エクアドル(キト/ガラパゴス/グアヤキル

 ここは鳥の島。

鳥あんま興味ないからなーとか思っていたんですけど、ちょっと想像を超えた鳥の多さに、圧倒されてしまいました。

ナスカカツオドリが道しるべになってます。

f:id:fullofwanderlust:20170219202445j:plain

この鳥が見られる島はあまりありませんが、ヘノベサなら、一面ナスカカツオドリです。

f:id:fullofwanderlust:20170219202951j:plain

カツオドリの親は卵を2つ生みます。先に生まれた子は、後から生まれた子を徹底的に虐めて、最後は殺してしまいます。親はそれをそばで見ているだけ。そもそも親は、1羽しか育てないのです。

f:id:fullofwanderlust:20170219202656j:plain

それからこちらは赤足カツオドリ。

f:id:fullofwanderlust:20170219202829j:plain

 青足は結構他の島で見る事ができるらしいですが、赤足はかなり珍しいそうです。赤足、足ヒレがあるのに、木に止まります。卵は1個産んで1個育てます。

こちらはグンカンドリ。喉が赤いのは雄です。

f:id:fullofwanderlust:20170219203107j:plain

f:id:fullofwanderlust:20170219203037j:plain

ガラパゴスコミミズクです。

f:id:fullofwanderlust:20170219203206j:plain

岩の隙間に巣をつくるイワツバメを取って食べます。足が猫みたい。コミミズクが見られたのは結構ラッキーだった様です。

この後、ものすごい土砂降りになって、雨具持ってなくてあーどうしよって思っていたら、韓国からきた女の子が傘に入れてくれました。

雨の中決行されたスノーケリングでは、たいしたものは見れませんでした。船にもどってくるとマグロとカルパッチョソースみたいなものを用意してくれてて、生ものは避けなきゃいけないってわかっいてたのに、ちょっと我慢できず食べてしまいました。

雨のち晴れの、最高のビーチ

午後はヘノベサ島の Darwin Bay (ダーウィン ベイ)ビーチへ向かいます。雨の中のスノーケリングに疲れてしまい、もう今日は泳がなくていいやと思って水着を着てきませんでした。これが大失敗でした。

f:id:fullofwanderlust:20170219204525j:plain

午後は雨が上がって快晴です。皆がビーチで泳いでいる間、仕方なく見てました。アシカがたくさんいて、アシカと泳げるビーチだったのに。

f:id:fullofwanderlust:20170219204458j:plain

ビーチでしょんぼりしていたら、アシカがやって来ました!

f:id:fullofwanderlust:20170219204638j:plain

ヘノベサのビーチは、鳥もたくさんいて、素敵でした。

f:id:fullofwanderlust:20170219204713j:plain

f:id:fullofwanderlust:20170219204826j:plain

こんなにたくさんの鳥が見られたのは、この旅行を通してこの島だけでした。おすすめです、ヘノベサ島。ただ、クルーズ船でしかいけないので、ちょっとルートに組み込むのは難しいかもしれません。

f:id:fullofwanderlust:20170219205134j:plain

ガラパゴス旅行5日目 Bartolome (バルトロメ)島

ガラパゴスクルーズ3日目です。 午前中は、 ガラパゴスの島の成り立ちを感じる事の出来るバルトロメ島に上陸します。

f:id:fullofwanderlust:20170221055621j:plain

ガラパゴス諸島は、単に流動的な島の集まりで、火山活動によって生まれ、長い年月をかけて東に向かって移動し、徐々に火山活動が弱まり、最期はまた海に沈んで消えてしまうそうです。今ある島々もいつか沈んでしまうのでしょう。

今回のバルトロメ島はまだ若く、今までの島とは様子が違います。

f:id:fullofwanderlust:20170221055740j:plain

溶岩の流れた跡や、噴火口、クレーターが見られます。

f:id:fullofwanderlust:20170221060726j:plain

島で見られた動物は、入口にいたアシカと小さな溶岩トカゲだけ。

f:id:fullofwanderlust:20170221060746j:plain

ガイドが、「昔はここにも●●がいたんだけど、第2次世界大戦のときにアメリカ軍が射的の的にしちゃって、全滅しちゃった」みたいなこと言ってました。●●ていうのは、私が聞き取れなかったという意味です。

f:id:fullofwanderlust:20170221060816j:plain

島の散策の後は、ラバーボートでバルトロメ島の周りを観察します。そしてここはガラパゴスの中でも数少ないペンギンスポットです。

f:id:fullofwanderlust:20170221060923j:plain

ペンギン発見!

f:id:fullofwanderlust:20170221060902j:plain

その後ラバーボートで移動した場所と同じところをスノーケリングします。ぼーっと泳いでいたら、眼下をペンギンがヒューッと泳いで行きました!!そばを泳いでいたスウェーデン人に必死にペンギンアピールしたんですけど、気づいてくれた時にはもういませんでした。

運が良ければペンギンと泳げるかもと聞いていたので、全然期待してなかったのに本当ラッキー!と思っていたら、ナチュラリストがビーチから私を呼んでます。顔をあげたら、2羽のペンギンが私に向かって泳いでくるではないですか!ペンギンとばっちり目があってしまいました。その後更に1羽のペンギンが、私のお腹の下を泳いで行きました。ペンギンと水の中で会えた人はあまりいなかった中、私は運よく3回も遭遇しました。でも、船に置いてきちゃったんですよ、とりあえず買ってみたインスタントの水中カメラ。

f:id:fullofwanderlust:20170221061215j:plain

広告を非表示にする